本の出版企画書の書き方

本を出版するには?という方のために出版企画書に書籍の企画案をまとめる方法を説明します。

商業出版に必要な書籍の企画書

出版企画書の書名案(タイトル案)を考えよう

投稿日:

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」です。

書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に決まることは少ないですが、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えなければ、企画書のその先へ読み進めてもらうことはできません。

 

書名は、一つしか書いてはいけないわけではありません。

まず、出版社の担当者向けの分かりやすい書名を一つ考え、さらに、そこに肉付けして読者向けの書名をいくつか考えてみましょう。

まず、あなたの企画を一言(一文)で表現してみましょう。さらに、その一言(一文)が出版社の担当者に次のコトが伝わるかを考えてみてください。

  • 本の内容が一目でわかる
  • その本を読むことで到達できる魅力的な到達点
  • 本屋で置かれる棚がイメージできる

 

その上で、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えるような読者向けの書名を考えてみましょう。

読者向けの「面白そう」「読みたい」と思えるような書名を考える上でのポイントを紹介します。

  • 「えっ?」「本当?」と思える引っかかり
  • 前向き
  • 身近で親しみやすい
  • 目新しい視点、切り口
  • その気にさせる煽り

 

そして、それをより強調するためのポイントを紹介します。

  • 根拠となる数字や魅力的な数字を入れる
  • 目新しいキーワードや新聞などで話題になるキーワードを入れる
  • むずかしい言葉は使わない

 

これらのポイントが盛り込まれていれば、きっと面白そうな書名になることでしょう。
書名をいくつか出すことで、企画の面白さやふり幅をよりアピールすることもできますので、いろいろなパターンを考えてみると良いでしょう。

 

Ad

Ad

-商業出版に必要な書籍の企画書
-

執筆者:

関連記事

出版企画書の著者プロフィールを考えよう

著者プロフィールに書くことがないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、企画書の「著者プロフィール」では、執筆するあなたがどういう人間なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、まず、著者であるあな …

出版企画書で誌面イメージを伝えよう

誌面イメージは、どういう書籍になるのかをイメージしてもらうために役立ちます。   誌面イメージだけではなく、イラストや図版のタッチも添えても良いでしょう。 出来上がりの誌面イメージができて、 …

出版企画書の類書を考えよう

企画書の「類書」では、同じテーマの本は出ていないか、出ているのであれば、その本は売れているのかをチェックし、そのテーマの本の市場規模を確認します。 類書があるのであれば、その類書は売れているのか、そし …

出版企画書に書く出版した本の販売協力(販売促進)

販売協力とは、あなたができる販促活動についてです。 この項目が充実すると、企画は通りやすくなります。 販売協力の内容には大きく分けて2つあります。 原価を下げる提案 売上を上げる提案 つまり、投資額で …

出版企画書に添付資料や事例を添えよう

添付資料は、新聞・雑誌記事や各種数字データなどのことです。   自分が掲載された新聞や雑誌の切り抜き、市場規模が分かるようなデータは、企画書の裏付けとして添付することで、企画書に説得力を増す …