本の出版企画書の書き方

本を出版するには?という方のために出版企画書に書籍の企画案をまとめる方法を説明します。

商業出版に必要な書籍の企画書

出版企画書に添付資料や事例を添えよう

投稿日:

添付資料は、新聞・雑誌記事や各種数字データなどのことです。

 

自分が掲載された新聞や雑誌の切り抜き、市場規模が分かるようなデータは、企画書の裏付けとして添付することで、企画書に説得力を増す効果があります。

そのため、添付資料は多いに越したことはありませんが、必ず、第三者による客観的な資料のみにしてください。

信憑性が高いとされるのは、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、産経新聞の五大紙と関連官公庁が発表している資料です。

 

もし、どうしても見つからないようであれば、過去の実績や事例を客観的に整理して、添付資料としても良いでしょう。

別途、資料を作成して添付したところで、企画書を書いた本人が主観でまとめた資料には、全くといっていいほど効果はありませんからね。

Ad

Ad

-商業出版に必要な書籍の企画書
-

執筆者:

関連記事

出版企画書に書く原稿の納期について

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。   理想は、既に原稿ができている事です。   可能であれば、「企画進行確定後、30日前後 …

出版企画書の書名案(タイトル案)を考えよう

企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」です。 書名の最終決定権は出版社にありますので、そのまま書名に決まることは少ないですが、出版社の担当者が「面白そう」「読みたい」と思えなければ、企画書 …

出版企画書の主な必須項目

書くコトが決まったら、まず企画書を書いてみましょう。 企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、本のイメージがより鮮明になり、頭の中が整理されます。   出版社へ売り込みをする場合、企 …

出版企画書で誌面イメージを伝えよう

誌面イメージは、どういう書籍になるのかをイメージしてもらうために役立ちます。   誌面イメージだけではなく、イラストや図版のタッチも添えても良いでしょう。 出来上がりの誌面イメージができて、 …

出版企画書の企画概要を考えよう

企画書の切り口に何を書くか分からない人って多いですね。 そこで、企画書の「企画概要」で、本の切り口や内容を簡単に説明します。   では、企画概要を考える上でのポイントを紹介します。 目標設定 …