本の出版企画書の書き方

本を出版するには?という方のために出版企画書に書籍の企画案をまとめる方法を説明します。

商業出版に必要な書籍の企画書

出版企画書で誌面イメージを伝えよう

投稿日:

誌面イメージは、どういう書籍になるのかをイメージしてもらうために役立ちます。

 

誌面イメージだけではなく、イラストや図版のタッチも添えても良いでしょう。

出来上がりの誌面イメージができて、そのイメージされた書籍が売れそうであれば、企画はより通りやすくなります。

 

また、誌面イメージだけではなく、サンプル原稿を添えても良いかもしれません。

サンプル原稿が用意できないのであれば、企画書の内容のブログやメルマガ、情報商材などを添付しても構いません。

 

出版社の方は、原稿の納期などに非常にナーバスなので、サンプル原稿がたくさんあると、スケジュールへの不安が軽減します。

ただし、同時に文章力も判断されますので、しっかりチェックして添付するようにしてください。

Ad

Ad

-商業出版に必要な書籍の企画書
-

執筆者:

関連記事

出版企画書に書く原稿の納期について

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。   理想は、既に原稿ができている事です。   可能であれば、「企画進行確定後、30日前後 …

出版企画書に書く本の仕様とは

仕様は、本の大きさやページ数、使う色数、カバーの種類などのことをいいます。 紙質などについても書いてみても良いでしょう。   そこに、書籍がより売れそうな提案が書かれていると良いでしょう。 …

出版企画書の読者ターゲット(対象読者)を考えよう

企画書の「読者ターゲット」では、誰を対象にした企画なのか、誰が買ってくれる企画なのかがわからなくてはなりません。 そのためには、市場での読者ニーズをしっかりと捉えることが重要になります。   …

編集者に採用される出版企画書のポイント

企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。 そのためには、どんな …

出版企画書の企画概要を考えよう

企画書の切り口に何を書くか分からない人って多いですね。 そこで、企画書の「企画概要」で、本の切り口や内容を簡単に説明します。   では、企画概要を考える上でのポイントを紹介します。 目標設定 …