本の出版企画書の書き方

本を出版するには?という方のために出版企画書に書籍の企画案をまとめる方法を説明します。

商業出版に必要な書籍の企画書

出版企画書に書く出版した本の販売協力(販売促進)

投稿日:

販売協力とは、あなたができる販促活動についてです。

この項目が充実すると、企画は通りやすくなります。

販売協力の内容には大きく分けて2つあります。

  • 原価を下げる提案
  • 売上を上げる提案

つまり、投資額である原価を下げる提案と書籍を売って投資額を回収しやすくする提案ということです。

私の経験則ですが、出版社が喜びそうな条件は、以下の通りです。

 

●原価を下げる提案

・印税率を下げる

印税率は、出版社ごとに決まっておりますが、その率をこちらから下げる提案をすること。

 

・印税を実売印税にする

初版の印税は、刷り部数に対して支払われますが、それを実際に売れた部数に対して支払ってもらうことにより、出版社のリスクを軽減すること。

 

・買い取り

刷った部数のうち、何部かお金を出して買い取ること。

ただし、1000部以上でないと、出版社にとって魅力のある条件とはいえません。

 

・持ち出し

自ら原価の一部を負担すること。

 

・出版記念セミナーの開催

出版社主催のセミナーを無報酬で行い、その収益を原価に充当してもらうこと。

 

●回収しやすくする提案

・著者キャンペーン

著者が自ら購読者に特典を提供して、知人などに購買を促すこと。

著者がメルマガを発行していて、多くのメルマガ購読者がいる場合に有利となる。

 

・広告出稿

アフィリエイターやメルマガ発行者に協力してもらい、書籍の紹介をしてもらうこと。

もちろん、新聞などへの広告出稿の費用を負担してもよい。

 

・読者特典

読者限定サービスとして、CD-ROMに価値のあるコンテンツを収録したり、メールサポートを行うこと。

読者にとって魅力的な特典を提供することにより、書籍の売上に貢献する。

進行可否が微妙な企画について、このような条件提示は非常に有効なので、企画書にこういった条件を書いておくと良いでしょう。

 

Ad

Ad

-商業出版に必要な書籍の企画書
-

執筆者:

関連記事

出版社に読んでもらえる出版企画書の作り方

出版社に対する書籍の出版企画書の作り方ですが、長々と書いたところで、編集に最後まで読んではもらえません。 必要な項目だけをコンパクトにまとめ、A4サイズの用紙で1枚程度で作成してください。 補足的な内 …

出版企画書で誌面イメージを伝えよう

誌面イメージは、どういう書籍になるのかをイメージしてもらうために役立ちます。   誌面イメージだけではなく、イラストや図版のタッチも添えても良いでしょう。 出来上がりの誌面イメージができて、 …

出版企画書に書く原稿の納期について

企画書の「納期」では、原稿の有無や原稿がどれぐらいで仕上がるかが分からなくてはなりません。   理想は、既に原稿ができている事です。   可能であれば、「企画進行確定後、30日前後 …

出版企画書に添付資料や事例を添えよう

添付資料は、新聞・雑誌記事や各種数字データなどのことです。   自分が掲載された新聞や雑誌の切り抜き、市場規模が分かるようなデータは、企画書の裏付けとして添付することで、企画書に説得力を増す …

出版企画書の構成案(目次案)を考えよう

企画書の「構成案」では、書きたい内容をどういう順番で説明するのかがわからなくてはなりません。 つまり、書籍の内容をどういう流れで読者に解説するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書きたい …